読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク気質な日々

突き抜けられないオタクの日記です

ヘボいロボットの祭典、ヘボコンに行ってきました

7月19日(土)にデイリーポータルZ主催のヘボコンに行ってきたので感想を。

 

詳細なまとめはtogetterのの方がよいかもしれません。私は雑に感想書きます。

メディア大注目!取材殺到!笑激伝説・笑死ロボ相撲イベント「ヘボコン」のようす - Togetterまとめ

 

そもそもヘボコンとロボコンの違いとは、

・技術力の高い人が参加するのは、天下のNHK主催のロボコン

・技術力の低い人が参加するのはデイリーポータルZのヘボコン。

ということです。

 

さて、この日はなんとチケットが完売。
チケット譲ってくださいという紙を持って立ってる方もいたそうです。
ヘボいロボットを見たい物好きたちがこんなに集まるとは予想外だったでしょう。

 

しかも取材にNHK、フジテレビ、日経新聞などがきていました。

ロボコン本家のNHKに認められたヘボコンおそるべし。

 

f:id:vayataka:20140721112125j:plain

会場内はこんな感じ。場所はお台場の東京カルチャーカルチャーです。

飲食をしつつイベントが見れる会場になってます。

キャパは座りだと100くらいだと思います。今回はなんと満席。

8〜9割は男性の方でした。

 

f:id:vayataka:20140721112700j:plain

投票用紙です。個性的なロボットが並んでおります。

全自動スープよく振るマシーン、最高でした。

 

f:id:vayataka:20140721112813j:plain

こちらが、バトルをする台。ヘボコンなのに立派です。

 

f:id:vayataka:20140721112851j:plain

ルール説明です。ヘボコンらしいユルさ。

スクリーンを携帯で撮影しているのでここから画像悪いです。

 

f:id:vayataka:20140721112928j:plain

バトルの様子。圧倒的なチリトリロボ。

 

f:id:vayataka:20140721113000j:plain

唯一、ロボットらしい戦いの様子。

左は小学生の作ったロボです。

スイッチを自作するなど、今大会で一番ハイテクノロジー。

 

f:id:vayataka:20140721113637j:plain

決勝戦の様子。見返してみると何だかよくわからない。

 

 

ヘボコンを振り返ってみて。

 

ヘボコン界の武器商人タミヤさんすげー!でした。

参加者の8割はタミヤ模型のキットを魔改造をしていました。

ロボットを作るハードルを下げ、楽しさを教えてくれるタミヤさんは偉大です。

 

そして、とにかく笑いました。

魔改造の結果、予期せぬ動きをするロボットたちが最高でした。