オタク気質な日々

クロスバイク、出かけた場所の記録がメインです

【クロスバイク】水分補給のためにドリンクボトルを購入(CAMELBAK ポディウムチルジャケットボトル0.62L)

 

どうも、クロスバイクにドンドンお金を使い込んでいるあかやまです。

 

今日はCAMELBAK(キャメルバック)のドリンクボトルを買った話をします。

 

 

 

自転車用のボトルを買いました

 

以前、ダイソーで買ったドリンクホルダーをクロスバイクに取り付けた話をしました。

 


ボトルケージは買ったものの、自転車用ボトルは買っていなかったので普通のペットボトルを挿していました。

 

f:id:vayataka:20170703205136j:plain

Bianchiのロゴと南アルプスの天然水はとても合わない。

 

 

この違和感に耐えられず、水分補給用品で有名なCAMELBAK(キャメルバック)の自転車用ボトルを購入しました。

 

 
f:id:vayataka:20170805110236j:image

△キャメルバックのポディウムチルジャケットボトル 0.62L

 

キャメルバックの日本正規代理店はmont-bellなのでモンベルで買いました。

 

買ったものはポディウムチルの0.62Lです。2重構造で保冷機能が付いて、お値段は1580円+税。

 

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091

 

 モンベル以外では、Amazon、自転車用品店でも取り扱いがあります。お店によってお値段はバラつきがあるようです。

 

キャメルバックのボトルの種類

本当はAmazonで買おうと思っていました。

しかし、キャメルバックと検索すると種類がたくさんあって混乱した結果、モンベルに走りました。

 

先ほど調べて、やっと種類が理解できたので今後購入される方の参考までに整理してみました。

 

簡単に言うとキャメルバックには主に3タイプの製品があり、それぞれサイズと色が複数あるようです。

 

<キャメルバックの自転車用ボトルの種類>

上記のタイプそれぞれに、

  • カラーバリエーション
  • 2種類のサイズ:(約0.6L 、約0.7L)
    ※販売者によっては0.61Lだったり0.62Lと表記がバラバラ
    ポディウムアイスは約0.6Lのサイズしかない

があります。

 

ちなみに、私が買ったものはポディウムチルの0.62L、カラーはグレープフルーツ(GRAPF)です。

グレー×サーモンピンクのどこがグレープフルーツなのかは分かりません。

 

スポンサーリンク

 

 

使ってみての感想

保冷機能

当たり前ですが、普通のペットボトルよりは冷たさが持続しますね!

2時間くらいはそこそこ冷えている感じです。

 

ただ、気温30℃を超える日は速攻でぬるくなります。真夏はどうしようもないですよね〜。

 

飲みやすさ

ボトルの飲み口はこのようになっています。

f:id:vayataka:20170805110255j:image

 △ペットボトルより簡単に飲める!

 

ピンクのツマミを回して「チューチュー吸う」もしくは、「ボトルをグッと握ると」と水が出ます。

 

普通のペットボトルの時は、停車して、ボトルのキャップを外して、飲んで、キャップをまた閉めて・・・と少し手間でした。

 

が、キャメルバックのボトルはツマミを回すだけなので簡単に飲めます。

片手で操作が完結するので、走行しながら水分補給できちゃいます。

 

そんな簡単に飲める構造でドリンクが漏れないか心配になると思いますが、今のところ漏れたことはありません。

 

失敗したところ

色選びで失敗しました。


f:id:vayataka:20170805152932j:image

 △ボトル嵌めて見たが・・・うーん。

 

ボトル単品で好みの色合いを選びました。

しかし、サーモンピンクがビアンキの車体の色と合わなかった

 

車体の色と同じ色か、無難にホワイト×ブラックにすればよかったです。涙。

 

 

総合的にみて

色選びは失敗しましたが、飲むのが楽になったので買って良かったです。

楽になったので、ペットボトル時代よりも小まめに水分補給するようになり、熱中症予防にも貢献していると思います。

 

そうそう、私が使っているダイソーのボトルホルダーに嵌るか不安だったのですが大丈夫でしたよ。ダイソーとも互換性ありです。

 

 

サイコンも買ってしまったので次はサイコンの記事を書く予定です。気づけばドンドンお金をつぎ込んでます!笑

 

その他、クロスバイク関連の記事はこちら。

xayataka.hatenablog.com