オタク気質な日々

突き抜けられないオタクの日記です

【株式投資】2017年5月末の成績

ゆるゆるほったらかし株式投資の5月運用報告です。
投資ポリシーはこの記事で書いてます。

成績サマリー

現在の所有株式
f:id:vayataka:20170531201051p:plain
5/12にテクノスジャパン(3666)を100株購入しました。詳細は後述。


2017年の単月成績

増減
1月 +25,002円
2月 +38,800円
3月 +28,400円
4月 +15,600円
5月 +251,601円(内、入金100,000円)


総合成績

入金合計 現在資産 合計損益
815,000円 1,416,461円 +601,461円(+73.80%)


2017年初来では「+359,403円(+34.00%)」でした。
5月に入金した10万含みます。


2017年5月の動き

新規でテクノスジャパン(3666)を購入しました
以前から気になっていたITコンサル会社を100株だけ買いました。
テクノスジャパンと聞いてくにおくんを思い出した人いたら私と仲間だ。

このテクノスジャパンくにおくんとは全く関係ない会社なんですけどね!

SAPという海外製のERPパッケージの導入コンサルが強い会社です。IT関連の仕事をしている方なら一度は耳にするでしょうってくらいSAPは有名です。

近年ではAIやIoTにも取り組んでおり、AI・IoT関連銘柄として2016年前半にかなり買われてました。世間はAI・IoTに目が向いているようですが、個人的な肌感としてはまだあの界隈はお金になりにくいと思ってます。

じゃあ何に魅力を感じて買ったのか?

主軸のSAP事業の方です。

SAP S/4HANAをスノーピークに導入したという話を何かの拍子に聞きました。
HANAは今SAPが一番売りたいであろう商品(と私は思っている)ですが、まだ日本でも導入実績も多くないんじゃないかなと推測してます。
そのHANAの事例が早めにできたのは今後のテクノスのSAP事業にとってプラスでしょう。(このスノーピークの件は2017年のSAPアワードを受賞しています)


さらに、HANAのインメモリーデータベースという技術は、AIで必要な大量データ処理とも関係するんですよね。
HANAはテクノスがやろうとしているAI・IoT事業にも全く無関係というわけではないはずです。ということで相乗効果も期待してます。


つらつらと書きましたが利益率も私が思う最低ラインは超えてるし、SAP HANAの件で気になっていたので、株価が少し落ち着いたところで試しに100株買いました。

様子見て買い増しをしようと思ってたところで、高騰してしまい買うタイミングを逃したのだけは失敗です。

スポンサーリンク

 


プラネット(2391)の動き
3Q決算発表がありました。まずまず、悪くはないです。
特に問題ないので継続してホールドです。


eBASE(3835)の動き
上方修正と株式分割が発表され、株価上昇しました。
持株が分割されるのは昔持ってたスタートトゥデイ以来。
スタートトゥデイの時は焦って悪いタイミングで打ってしまい利食いちゃんとできなかったのでeBASEはよーくタイミング見計らいたいです。


その他
気になる銘柄がまだあるのですが、今の証券口座は現金余力がほぼ無いので
信用でやるか現金追加投入するか迷ってます。それか一旦利確するか。。どうしたもんか悩みます。


来月の目標

現金投入したい。もう1社買いたい銘柄あるので。


xayataka.hatenablog.com