読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク気質な日々

突き抜けられないオタクの日記です

新潟県民が考える雪道の歩き方

雑多な話

雪ですね

 新潟生まれ関東在住の私は、久しぶりの雪でテンションがあがってしまい犬のように走り回っております。と、そこで辺りを見回すととてもゆっくり歩いている方々が。私が思うにゆっくり歩く方が転ぶような気がするんだよね。ということで、新潟生まれが考える雪道の歩き方について書いてみます。

雪道の歩き方

独断と偏見に満ちた歩き方のポイント

  • 滑るように歩く
  • ゆっくり歩かない
  • 手はポケットから出す

滑るように歩くは、最初から滑ってんだからこれ以上滑らないだろうという理由。ゆっくり歩かないは、ゆっくり過ぎるとズルっと予想外に滑ったときに足がもっていかれやすいから。手をポケットから出すは、バランス崩したときに耐えやすようにするため。

私は上記のようなこと考えながら歩くと靴底ツルツルでもへっちゃらです。

足下はヒールのあるブーツがおすすめ

さて、女性の方限定になってしまうが「ヒールのあるブーツ」をはくのもいいと思う。ヒールを雪に刺しながら歩くと雪山で使うアイゼンのようになるので、雪面をガッチリとらえられるんですよ。ヒールあると滑っちゃうなんてのは思い込みですわ。私は積雪数十センチならヒール10cmのブーツで歩きます。

 

 

以上、独断と偏見による雪道の歩き方でした!