オタク気質な日々

クロスバイク、出かけた場所の記録がメインです

幻想水滸伝ティアクライスをクリアしたので感想(ネタバレあり)

2008年発売のゲームを今さらながらプレイしたので感想を書きます。

 

ネタバレします、未プレイの方に配慮がないスタイルです。そして長いです。 

 

幻想水滸伝ティアクライスを買った

 

6月17日に買いました。

そして、7月17日にクリアしました。

 

ラスボス直前のセーブデータが49時間と数分だったので、総プレイ時間は約50時間ってところです。

 

108星集めてのグッドエンディングをちゃんと見ましたし、一なる王を例の方法で倒すバッドエンドも見ました。

 

幻想水滸伝ティアクライス、北してなかったけど面白いと思う作品でした。

幻水シリーズファンの贔屓目はなく、胸を張って良作と言える出来です。

 

どこが良かった?

良作とは言うけれど、一体どこが良いのよ?って思いますよね。

個人的にはシナリオ、キャラクター、システム全般、豪華なボイスが良かったです(あれ?ほぼ全て?)。

 

  • シナリオ
    ティアクライスは過去の幻水シリーズとは世界が異なる言わば新章です。紋章も出ないと聞いてどうなることやらと思ってましたが、そんな心配は不要でした。幻想水滸伝らしさを失わない、特に1と2の雰囲気を感じるストーリーでした。普通の村に住む子ども達が星(紋章の代わりに出てきた概念)に見初められ国をこえた混乱に巻き込まれていく様子は初期幻水を思い起こさせます。
    謎が徐々にわかってくるところも上手くて、次どうなるんだろう?続きが気になるな!という気持ちを最後まで持つことができました。主人公の出自など開示されない謎もありましたが、それも幻水らしいっちゃらしい。
  • キャラクター
    ヘイトが溜まるキャラが少なかったのがよかったです。ティアクライスの前に遊んだソフトがFF15だったのですが、仲間に唐突にキレられて「ちょ、今なんで怒られた?!」と思うこと多々ありでした。そう、キャラクターの行動の背景がみえないと理不尽に思えてヘイトが溜まっちゃうのでした。
    ティアクライスは、ヘイトが溜まることも少なかったなと思います。例えば、帝国の皇妃のおつかいイベントとか、こなしていくと互いを敵視する背景がみえました。背景が見えたおかげで、こいつらみんな苦労してんだなとキャラに気持ちが向かうようになりましたね。
    キャラについてはもっと語りたいので後述!
  • システム
    スキップや、オートバトル(これは以前からあるが)などストレスが溜まらないように配慮されているところが良かったです。歩くスピードが遅いのだけは難点でしたが。
    あとミッションで各キャラの依頼をこなすのも良いシステムだと思いました。ゲームを毎日できるわけではないので、数日間あいた時に今何してるんんだっけ?が受けてるミッションの履歴でわかるから助かりました。
  • 収録ボイスの多さ
    重要シーンはほとんどフルボイスだったので気分が盛り上がりました。10年近く前のDSソフトってこんなにボイス入っているんだ!と驚きもしました。
  • ほどよい難易度
    私個人の話ですが、あまり難しいのは苦手なんです、ゲーム下手なので。ティアクライスはほどよい難易度で進んだので良かったです。ラスボスで少し苦労したかな?くらいです。

 

不満なところ!

ほとんど無かったのですが少しだけ。

  •  歩くのが遅い
    めちゃめちゃピンポイントな文句ですが、通常だと歩くのが遅いです。一般的なRPG以下のスピードです。神行法の呪符というアイテムを取るとやっと普通のRPGの歩行速度になります。この点が不満でした。
  • ダンジョン出るのが面倒
    ドラクエでいうリレミトがなかったので、ダンジョンクリア後に外まで出るのが面倒でした。イベントで移動して、そのまま最奧に放置されたりとかね。イラ立ちポイントでした。
  • 悪役の魅力
    今作は悪いやつなんだけど強く惹きつけるようなキャラがいなかったなと思います。幻想水滸伝シリーズは2のルカ・ブライトのような名悪役を生み出していますので、ついつい魅力的な悪役が出てくることを求めてしまいます。しかし、今作は記憶に強く焼きつく悪役はいなかったです。
  • 解けない謎もあった
    幻想水滸伝シリーズは謎を残したまま終わるのが通例なので、謎が残っても良いのですが・・・。でもでも、主人公の出自くらいは教えて欲しかったなぁ。モヤモヤが残る。

不満も書きましたが、文章量みていただければわかると思います。不満だらけではないことを。

 

スポンサーリンク

 

 

キャラについてもっと語りたい

キャラについて色々話したい。

  • アスアド
    魔道兵団の将校という立派な立場なのにクロデキルドに片想いしている様が可愛らしい。ファラモン攻略のときのやる気の出しようとか、戦闘中にクロデキルドがピンチになると必死にかばうところとか、軍のそこそこ偉い人だったのに中高生みたいな恋愛しているギャップ萌えでした。
  • シャムス
    あの父親にしてどうしてこんなに真っ直ぐ育ったのか(妹のマナリルも同じく)。サルサビルで再開したときはシャムスの健気さというか優しさに思わず泣いてしまいました。あと運が必要なミッションでは貴族の宝剣二刀流で大活躍でした。
  • マリカ
    最初はこの子ちょっと口うるさいだけの子かなと思ってたのですが、ちょいちょい良いこと言うんですよね。マリカは最終決戦前夜に話しかけると「明日はあたし、呼びに行かないから。自分で起きて来てよ?大将なんだし。」って言うんですよ。これだけ切り取ると冷たい印象を受けますが、今までの接し方をみると主人公の成長とマリカ自身の成長を感じられる言葉で思わずウルっとしました。

あと、モブの話ですが、サルサビルの貿易港にいるおっさんに砂漠ができた後に話しかけると「妻なんていないのに何故か涙が出るんです」とか言ってきやがる。モブのセリフに泣かされるなんて年取って涙腺弱くなったのかな。

 

アスアドさん周りは大好きすぎで、自分的ベストメンバーは主人公、アスアド、クロデキルド、フレデグンドでした。

 

だってこんな感じじゃないすか。

 

アスアド(片想い)→クロデキルド←(シスコン)フレデグンド

 

ちょっとした修羅場を想像しながら旅をしました。ははは。

 

 

おわりに

長くなってしまいましたが、全体的には良作で誰にでもおすすめできます。

こんなに面白いのに中古だと500円以下で入手できるので気になる方はぜひ!

幻想水滸伝ティアクライス

幻想水滸伝ティアクライス

 

 

最後に少しだけ愚痴を。

ティアクライスはおもしかったものの、 やはり謎を残したままになっているナンバリング(紋章編)の方の続編出して欲しいなあと。

初期の構想を考えていたディレクターの村山さんがコナミを退社されたので無理なんでしょうけどね。

ハルモニアとかほえ猛る声の組合とかペシュメルガとユーバーとか・・・・何もわからないまま!

 

 

 

 

東京都内+武蔵小杉の外食美味しかった店メモ(2017年上期)

ここ半年で行った良かったお店のメモです。

また行こうと思ったところ中心に書いてます。

 

自分用まとめなのでゴチャ混ぜです。

 

 

新橋・汐留エリア

新橋周辺はちょこちょこ行きます。

 

炉端焼 うだつ(居酒屋)

新橋駅から有楽町方面に1〜2分くらい歩いた場所にあります。

40代のおじさん達と行きましたが料理が好評でした。基本的にどれ頼んでも美味しい。

 

確か予約時に使えるクーポンで、とろほっけサービスがあったはず。行く時はぜひ予約を。

 

 

魚の飯(居酒屋)

f:id:vayataka:20170715095154j:image

新橋駅からフーターズ方面に歩いたところにあります。

二次会をフーターズにするためにこの店にした。笑

 

写真のイカ刺しが美味しい。ゲソは天ぷらにしてくれるサービスも良かった。

料理が良い割にお値段も手頃だなという印象でした。おすすめ。


 

コラージュ/コンラッド東京(モダンフレンチ)

f:id:vayataka:20170715101310j:plain

汐留にあるコンラッドの中のレストラン。新橋からは徒歩10分くらい。

 

母親が遊びに来た時に東京っぽいオシャレなランチでも食べさせてあげようと思って一休で予約しました。

 

4品のコースで少ないかな?と思ってましたが、ワイン飲みながらだとちょうど良い量でした。

 

美味しいのはもちろん、地元新潟には無い都会的なセンスの盛り付けに母も満足していました。

 

 

 

八重洲日本橋エリア

東京駅近辺。他にも紹介したい店あるけど、今年はあまり行ってないので1軒だけ。

日本橋 まえ田(和食)

f:id:vayataka:20170715094638j:image

日本橋駅、東京駅から3分くらいの場所です。

 

 有名な海鮮丼屋(つじ半)でランチしたかったのですが、とんでもない行列だったので断念。

そして近くにあったこの店にたまたま入店。大当たりでした。

 

焼き魚や煮魚の定食多し。+150円で刺身がつけられます。

丁寧に作っているなと感じさせる味でした。

 

日本橋でランチしようと思ったら確実にリピします。

 

赤坂エリア

仕事で行った。普段なら行かない。 

赤坂大関(焼肉)

f:id:vayataka:20170715101244j:plain

赤坂の路地裏の有名店。

厚切り肉がすごい。とにかく肉肉肉!といった感じ。

上品ではない、でも肉が美味しいからいいんだ。

 

ただ、アルコールはちょっと高いかな〜という印象でした。赤坂だから仕方ないのかな?


 

西荻窪エリア

サブカル好きの行き着く先、西荻窪。夫が結婚前に住んでいたのでよく行っていた。大好きな街です。 

 

麺尊 RAGE(ラーメン)

f:id:vayataka:20170715094808j:plain

西荻窪駅から5分の場所。

 

今、私が東京で一番好きなラーメン。

軍鶏そばのキリッと酸味があるような味が好きです。

チャーシューも美味い。脂っこくなく、上品な味です。

 

ただ、好みは分かれると思います。こってり好きな方は合いません。

 

カナム(お菓子)

卵と乳製品を使わないお菓子のお店です。

え、卵と乳製品使わないお菓子って味が落ちるのでは・・・?と思ってたのですが、そんなことはなかった。

素朴な味わいでとても美味しい。特にクッキーと米粉イチヂクケーキがおすすめ。

 

先述のRAGEと西荻窪駅の間にあるので、ラーメン食べたら必ずカナムに寄るようにしています。大好き。


 

スポンサーリンク

 

 

東陽町エリア

どこ?って思う人もいる場所。東西線の木場・門前仲町の先にあります。

 

らぁ麺 やまぐち 辣式(ラーメン)

f:id:vayataka:20170715095043j:plain

高田馬場の有名店の2号店です。東陽町駅から徒歩3分くらいの場所です。

 

写真の麻婆まぜそばがクセになる辛さで美味しい。山椒が効いてます。

 

塩ラーメンもあるけど、個人的に塩は普通かなー、と思いました。


中目黒エリア

今年はなぜか中目黒によく行っていた。

 

リストランテ カシーナ カナミッラ(イタリアン)

ランチコース利用。基本的にどれも美味しい。

客層は中目黒マダム?落ち着いていてよかったです。

 

最後にちょっとしたお土産まで貰って満足度高いお店でした。

目黒川沿いだから花見シーズンは激混みでしょうね〜。

 

 

キッチン パンチ(洋食屋)

f:id:vayataka:20170715094839j:plain

中目黒のザ・洋食屋さんです。

オムライスに味噌汁がついてくる感じが最高じゃないでしょうか?

 

おしゃれオムライスではなくこのレトロな雰囲気、そして味は想像通り美味しいんだ!

キッチンで作っている方が1名しかおられないようで、私が行った時は満席だったので急いでる方は断っていました。

 

 

大衆ビストロ ジル 中目黒店(居酒屋)

ラフな雰囲気のビストロ。

目黒店がよかったので中目黒店に行ってみた。

ここのポテトサラダ凄く好みなんですよ。スモーキーな味がたまらない。

 

 

Cafe Facon(カフェ)

中目黒でお気に入りのコーヒー屋さんです。豆の種類から選べます。

 

コーヒー専門店ですが、デザートも美味しいです。

23時まで営業しているのでお酒飲んだ後、二次会行くほどではないけど話し足りない時によく利用しています。もう10回近く行っているお店です。

 

 

 

武蔵小杉・新丸子エリア

ここから小杉近辺です。小杉に住むなんて嫌だと言う割によく行きます。

 

クルワ・プリックタイ(タイ料理)

ここは日本では珍しいタイ料理が食べれるお店です。

場所は新丸子駅から徒歩8分くらいかな。武蔵小杉からも歩けます。

 

ナマズとかトノサマバッタとかあります。

そう聞くとゲテモノ料理を思い浮かべるかもしれませんが、そんなことはありません。普通のタイカレーやパッタイもあります。そして美味しいです。

 

この近辺だと一番美味しいかも?料理が出てくるのが遅いのは難点。

 

 

肉酒場(焼肉)

平間にある有名焼肉店の北京の姉妹店です。

武蔵小杉駅から徒歩5分くらい。

 

北京は1回しか注文できないなど独自ルールがあるのでハードルが高いのですが、こちらは何回でも注文できるので安心して美味しいお肉を食べられます。

 

数回行ってますが、1度だけ見かけたトマトのキムチが美味しかったので定番に入れてもらいたーい!

 

 

丸仙(ラーメン)

f:id:vayataka:20170715101342j:plain

武蔵小杉でラーメンと言えば外せないのがこの丸仙。

昔ながらのカウンターしか無いお店です。

 

化学調味料を感じる味なのですが、どうも癖になる。定期的に訪れたいお店です。

塩ラーメンは早い時間に行かないとトッピングの鶏団子がなくなり終了してしまう模様。


 

お店行ってないので↑には入れませんでしたが、美味しかったお菓子としてはアトリエうかいのフールセックサブレを推したい。

 

以上!! 

 

  

 

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)

孤独のグルメ 巡礼ガイド (扶桑社ムック)

 
POPEYE特別編集 シティボーイの東京グルメガイド2 (マガジンハウスムック)

POPEYE特別編集 シティボーイの東京グルメガイド2 (マガジンハウスムック)

 

 

【感想】中銀カプセルタワーへお邪魔してきました

f:id:vayataka:20170701221047j:image 

黒川紀章氏が設計した中銀カプセルタワーに行ってきました。

知り合いの方に中を見せてもらったのでちょっとだけレポートを。



 

中銀(なかぎん)カプセルタワーとは?

f:id:vayataka:20170710213336j:image

黒川紀章氏が設計した、見た目が奇抜すぎるのマンションです。

部屋が独立したカプセルのような設計をしており、交換することで老朽化しても大丈夫!というコンセプトでした(カプセル交換は実現に至っていない)。

 

場所は新橋駅から徒歩10分くらいの所です。

 

近隣に美味しいラーメン屋があるので、カプセルタワーに行く場合はこちらも是非。

 

カプセルタワーを見学するには?

▽建物内にあった張り紙

f:id:vayataka:20170701221137j:image

中銀カプセルタワーは基本的に見学不可です。

入居者に用事がある人しか入れません。

無断だと入り口にいる管理人さんに止められます。

  

知り合いはいないけど入りたい!という場合はAirbnbを活用するという方法もあります。費用はかかりますが。

 

中に入りました

f:id:vayataka:20170701221146j:image

ちょっと手ぶれしていますが、郵便受けです。

個性的な形です。 


f:id:vayataka:20170701221123j:image
B棟は11階まであります。

意外とフロア数が多いんだなという印象でした。 

 


f:id:vayataka:20170701221108j:image

通路です。変わった形のメーターがあります。

 

 

f:id:vayataka:20170710213347j:image

この写真も一応屋内なのですが、壁の損傷が見られますね。

 

 

f:id:vayataka:20170712212455p:plain

室内入れてもらいました。

 

例の丸窓です。よく見ると奥に網が張ってあります。 

過去に窓が落下したことがあるそうで、それ以来ほとんどの窓に落下防止ネットがあるそうです。

 

部屋の間取りはこちらとほぼ同じでした。

どの部屋もだいたいリフォームしているようで、当時の部屋はほとんど残ってないそうです。

というか、床や天井に穴が開いたりしてリフォームせざるを得ない状況がほとんどだとか・・・。

 

その他聞いた話

事務所として利用されている方、住んでいる方、様々いるそうです。

ただ、住むにしても、各部屋でお湯は出ないし、部屋によってはトイレも使えないそうです。1階の共有部にシャワーやトイレがあるそうで、住んでる方はそちらを使うのだとか。ちょっと不便ですね。

 

 

おわりに

実際に行ってみると、老朽化がかなり目立ちます。

名建築と持て囃されますが、カプセルが落ちないのか不安になりました。私は。

 

建て替えの話も頓挫し、保存どうするかも決まらずな状態らしいですが、早く何かしら決定があるといいなと思います。

 

中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟 (NAKAGIN CAPSULE TOWER BUILDING)

中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟 (NAKAGIN CAPSULE TOWER BUILDING)

 
メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか?

メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか?

 

 

 

 



【レポ】大型らくらくメルカリ便でテレビを送ってみた


f:id:vayataka:20170705212429j:image
 

断捨離だー!と思って、使っていないテレビを処分しようと決意しました。

今回はテレビをメルカリで売るまでの話です。

 

 

さて、どこで売るか?

使用経験のあるジモティーで売るという方法をまず思い付きました。

が、ジモティーの取引は金銭のやり取りを直接やらねばならないので、無料~3000円くらいの取引なら良いですが万単位の取引は不安です。

 

ということで、金銭のやり取りでシステムが間に入るフリマアプリが候補となります。

 

フリルとメルカリで迷い、大型らくらくメルカリ便というヤマト運輸が集荷に来て梱包まで全てやってくれるサービス」が決め手となりメルカリにしました。

 

実はテレビの箱を捨ててしまったので梱包をどうしようか悩んでいましたので、梱包までやってくれるなんて渡りに船でした。

 

ここからはメルカリで出品した時の流れです。

 

まずはメルカリに出品

出品ボタンから通常通り進めていきます。 

通常の出品と同様に、写真や商品説明を入れたら以下のように登録していきます。

 

大型らくらくメルカリ便を選択

f:id:vayataka:20170701101950j:image

 

発送の方法に「大型らくらくメルカリ便」と入れます。

出品後に大型らくらくメルカリ便へ変更はできないので注意です。

 

サイズを入力する

f:id:vayataka:20170701101606j:image

 

3辺の合計サイズを入力します。

メジャーでざっくり測って入力。

 

販売利益を入力

f:id:vayataka:20170701101618j:image

販売利益を決めると、販売価格が計算されます。

これで良ければ出品です。

 

売れるのを待つ

5日間ほど売れるまで待ちました。

売れるまでの間にコメントで「大型らくらくメルカリ便は高いので通常のヤマト宅急便に変更できませんか?」と言われました。

大型らくらく〜の方が送料が高いので言われてしまうのは仕方ないです。

 

最初から商品説明に「配送方法の変更をしない」ことを明記しておけば良かったと反省です。

 

スポンサーリンク

 

 

売れた後の対応

集荷日と配達日の調整をする

購入者と調整をします。

といっても、入力欄が出てくるのでその通りに入力するだけです。

 

f:id:vayataka:20170701101646j:image

購入者が先に配達日を入れた状態です。

 

そうすると、

f:id:vayataka:20170701101657j:image

お届け希望日に間に合う集荷日だけが表示されます。

 

「希望の候補日がない」を選ぶと、日程再調整ができます。購入者と出品者ともに日付を入れ直しになります。

 

私の場合は、購入した方が入れたお届け希望日だと、都合のよい集荷日が選べませんでした。

そのためメッセージで再調整したいと連絡して、「希望の候補日がない」を選び再調整させてもらいました。



集荷日と配達日を確定させる 

お互い都合のよい日付を入力できたら「ヤマトへ集荷依頼をする」を押して日付を確定させます。


f:id:vayataka:20170701101720j:image

 こんな感じの画面が出てくるので、「はい」をタップ。



f:id:vayataka:20170701101751j:image

確定すると、受付けましたという表示がでます。

 

 

集荷当日

ヤマト運輸の担当者から電話がかかってきました。

だいたい何時頃なのか教えてくれるので、玄関に送る物を準備して待ちます。

 

ヤマトがきたら、テレビ本体と附属品(リモコンや電源コードなど)を渡して、控えの紙をもらって完了です。

附属品は袋に入れず、そのまま渡すだけで大丈夫でした!

 

 

配達から評価までの流れ

配送中の表示や、お届け後の対応は通常のらくらくメルカリ便と同じでした。

評価もいつも通り行えばオッケーです。

 

購入者からは、しっかりと梱包されてたとのコメントを貰いました。やはりヤマト運輸任せで正解でしたね。

 

感想

大型らくらくメルカリ便は、送料は高いけど梱包不要なのでとても楽でした。

送料が4320円だったので、普通のヤマト便で送る倍以上かかった計算です。

 

でも、梱包資材の用意や梱包の手間などを考えると、大型らくらくメルカリ便にして良かった!と思います。

 

今後も大物を送る時は使っていきます!おすすめですよ〜。

 

 

その他、メルカリ関連の記事。

xayataka.hatenablog.com

xayataka.hatenablog.com