読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク気質な日々

突き抜けられないオタクの日記です

ウェブメディアびっくりセールに行ってきた

デイリーポータルZ主催のウェブメディアびっくりセールに行ってきました。

 


諸事情で30分くらいしか見れなかったんですが感想を残しておきます。

 

 
f:id:vayataka:20170226210508j:image

会場はこちら。蒲田の大田区産業プラザPioでした。京急蒲田の近く。

 


f:id:vayataka:20170226210521j:image

びっくりセールの告知チラシ発見。いざ会場の中へ。

 


f:id:vayataka:20170226213753j:image

13:00ごろ到着です。

会場は思った以上の熱気、つーか暑い。

 

 

気になったブース

 見て回って気になったところ一部だけ感想を。もっといっぱい出店あったのでほんの一部です。

 

 ツイッターでよく見ているスエヒロさんいらっしゃった。刀狩りシール買えばよかったな。後悔したので本買います。 

【至急】塩を止められて困っています【信玄】

【至急】塩を止められて困っています【信玄】

 

 

 

オモコロブース付近ではヨッピーさんを見かけました。灰色のパーカー着たヨッピーぽい人いるなと思ったらヨッピーさんでした。写真まんまでした。

 

 2400分の1黒ひげ危機一髪もやりました。当たったらこの馬鹿デカイ黒ひげ装置を持ち帰りとのことで、めっちゃ緊張でした。

 

ざっとしか見れてないのですが、Webでよく見かけるライターさんが多数いらっしゃって、おお!ってなりました。

べつやくれいさん、↓のイラストと全然似てなくて(というか美人で)びっくりしました。

ココロミくん

ココロミくん

 

 

 

 戦利品

f:id:vayataka:20170226210551j:image

戦利品は、電車風マグネットと黒ひげ危機一髪でもらったトゥギャッチのシールです。

 

今回は花粉症でボンヤリしていて買う決断がちゃんとできず、会場出てから、あの本も買えばよかったなと後悔だらけでした。

特に、村上春樹風の文章の書き方を教えてくれる本を買えばよかったなと後悔。立ち読みして思わず笑って買っちゃおと思ったのですが、村上春樹読んだことないでしょ!と頭の中の冷静な私が制止してきたのが悔やまれます。

 

今回買うの失敗したので2回目の開催を期待しています!

 

 

 デイリーポータルZといえばハトマスク。

Raspberry Pi 3のセットアップ→日本語入力まで(MacOS、NOOBS使用)

ITオンチなのにIT系会社で働いてます。そろそろITオンチを卒業しようも思って勉強のためにRaspberry Pi 3を買いました。

セットアップして日本語入力ができる状態に出来たので流れのメモ残します。

 

 

買ったもの

本当は秋葉原の千石通商で販売しているラズパイスターターキットを買おうと思ったのですが欠品中だったのでAmazonで個別に購入。スターターキット買うとSDカードへのOSの書き出しが不要なんです。楽したい人生だった。

さてAmazonで買ったものです。

本体とケースのセット

 

電源

公式電源を買いました。他の商品のレビューを見ていると、非公式品は安定しないとの口コミがあったので公式品にしました。

 

microSD

ラズパイと相性が悪いmicroSDを選ぶと起動しないと聞きました。ということで、Amazonレビューにラズパイ2で動きましたと報告が上がっていたこの東芝microSDを購入しました。無事に動きました。

 

その他用意したもの

新たに購入していませんが、HDMIケーブル、マウス、キーボード、テレビ(モニターの代用)、カードリーダーも用意しました。家にあるか探しましょう。

ちなみにカードリーダーってこういう物です。MacにはSDカードを読み取る口がないので、USBで繋ぐカードリーダーを使いました。 

 

OSのインストール

microSDのフォーマットをする


f:id:vayataka:20170225183810j:image

OSインストールに向けて、最初にやることはmicroSDのフォーマットです。

ラズパイを動かすには、ラズパイ用OSファイルをmicroSDにコピーして、コピー済みのmicroSDをラズパイにぶっ刺して起動しなければなりません。

ということで、まずはmicroSDにファイルを書き込める状態にするためフォーマットをします。Macに最初っから入っているディスクユーティリティを使います。


f:id:vayataka:20170225183750j:image

 カードリーダーにmicroSDを刺して、ディスクユーティリティを起動します。

ディスクユーティリティは初期状態のままMac使っている場合は、Launchpad>その他の中にあります。

f:id:vayataka:20170225184426p:plain

刺したmicroSDを選んで、消去タブを押します。

そうしたら、名前をNO NAMEから適当な名前に変更して(私はRSPiにしました)、右下の消去ボタンを押します。 

これでフォーマット完了です。

 

microSDにOSを書き込む

フォーマットできたらOSの書き込みです。

ラズパイ公式サイトに飛んで、Macにファイルをダウンロードします。

f:id:vayataka:20170225185210p:plain

NOOBSとRaspbianという2つが並んでいます。

Raspbian=ラズパイ用OSで、NOOBS=Raspbianの簡単インストーラと書いてあるので結局はどっち選んでもRaspbian入れられみたい。ならば楽な方が良いのでNOOBSを選びました。

 

f:id:vayataka:20170225185215p:plain

NOOBSかNOOBS LITEを選びます。

NOOBS LITEはNetwork install onlyって書いてある、我が家のネットワークは安定しない時があるので却下。

普通のNOOBSのZIP版をダウンロードします。数分かかりました。

NOOBSのZIPがダウンロード完了したら、ZIPファイルの中身をmicroSDの直下にコピーします。microSD開くとOSフォルダがすぐある感じにします。

 

ラズパイ起動! 

f:id:vayataka:20170225191626j:image

ケースに入れたラズパイに、microSD、電源、キーボード、マウスをセットして、HDMIケーブルでテレビに繋いで起動します。

 
f:id:vayataka:20170225191636j:image

Raspbianを選択して、言語:日本語を選び、インストールします。


f:id:vayataka:20170225191645j:image

 こんな感じでインストールがはじまります。数分かかるので放置しておきます。


f:id:vayataka:20170225191654j:image

インストールが終わると自動的にデスクトップが表示されます。

でもこれだけだと、タイムゾーンが海外になっていて時間もあってません。日本語入力もできません。ということでいくつか設定をします。

 

設定をする

インストール完了したものの、まだまだ使えないので設定続けます。

タイムゾーンの設定

f:id:vayataka:20170225191704j:image

まずはタイムゾーンを東京に設定します。

LXTerminalを起動して下記のコマンドを打ち込んでEnterを押します。(LXTerminalの場所は、左上のラズベリー>アクセサリ>LXTerminalです)

 sudo raspi-config

少し待つと画面が立ち上がります。4.Localistion Options>Change Timezoneと進みタイムゾーンAsiaと選び次の画面でTokyoに設定します。

引き続き設定するのでこの灰色の画面は消さないでください。

 

日本語キーボードの設定

設定続きます。4.Localistion Options>Change Keyboard Layoutと進みます。

以下のように設定していきました。もしかしたら英語表記かもしれないので読み替えてください。

  • ボードモデル:標準105キー(国際)PC
  • キーボードのレイアウト:日本語
  • AltGrとして機能させるキー:デフォルト
  • コンポーズキー:コンポーズキーなし
  • Xサーバーを強制終了するのにControl+Alt+Backspaceを使いますか:いいえ

 

OSのアップデート

まだ続きます。OSを念のため最新化させます。

まだ何もアプリも入れてない真っさらな状態なので全部最新化させます。下記のコマンドをLXTerminalで打ち込んでエンター押します。前者がパッケージリストの更新、後者がインストール済みのパッケージ更新です。

 sudo apt-get update

 sudo apt-get upgrade

途中「y/n」の分岐で止まりますので「y」と入力してエンターを押して進めましょう。

 

次にラズパイのファームウェアを更新します。同じく下記のコマンドを打ち込み更新しましょう。

 sudo rpi-update

お疲れさまでした、これでアップデート終了です。ターミナルを閉じて再起動しましょう。再起動は左上のラズベリー>shautdown>Rebootです。

 

 

日本語入力ソフトのインストールと設定

最後です。日本語入力できるようにしましょう。

日本語入力するにはAnthyをインストールします。インストールのためにまたLXTerminalを立ち上げます。そして次のコマンドを入れてエンターを押します。

 sudo apt-get install ibus-anthy

インストールが始まります。途中「y/n」で止まったら「y」と入れましょう。

 

インストールしただけでは使えません。設定します。

ラズベリーマーク>設定>iBusの設定と進みます。ポップアップで「iBusデーモン〜起動しますか?」と出るので「はい」を選んで設定画面にいきます。

 

一般タブで、次の入力メソッドの右端にあるボタンを押して、以下のように設定します。

f:id:vayataka:20170225224215j:image

 キーコード:space(デフォルトのまま)

修飾キー:Controlにチェック、他はチェック外す

 

次は入力メソッドタブで追加ボタンを押し、Anthyを追加します。追加が完了すると下記のように表示されます。
f:id:vayataka:20170225224226j:image

 

これで完了です!Webブラウザやテキストエディターを開いて、Ctrl+スペースを押すとと日本語入力に切り替わります。

 

手順は以上です。新しいラズパイ出るのに今更買ってしまったラズパイ3ですが頑張っていじってみようと思います。

 

参考にしたWebサイトと本

手順の参考にさせていただいたサイトです。ありがとうございました!

Raspberry Pi 3にRaspbianをインストール(Mac OS X を使用) - Qiita

NOOBS書き込み済みmicroSDカードの作成 

ラズベリーパイでOSインストール後に最初にしたこと | takalifelog

Raspberry Piでパッケージなどをアップデートする – Alters Tech Blog

Raspberry Pi 3 Model B Anthyを使って日本語が入力できるようにする | RYUS blog

 この本も読みました。

これ1冊でできる! ラズベリー・パイ 超入門 改訂第3版

これ1冊でできる! ラズベリー・パイ 超入門 改訂第3版

 

 

 

駅徒歩15分以上の物件に住んだら5kg痩せた

タイトルまんまなんですが、5kg痩せました。

引っ越し前:53kg

引っ越し後:48kg

私は身長162㎝なので引っ越し前は痩せ型寄りの普通体型でした。

それが駅徒歩15分以上のところに住んでから3ヶ月くらいで更に痩せました。週4でアルコール飲んでたのに意図せずダイエットできました。

 

この記事を見てる方は徒歩15分以上の物件を選ぶか迷っている状態なのかなと思います。

 

そこで、駅徒歩16分の場所に住んだ経験からメリットとデメリットをお伝えします。

 

メリット

痩せる

タイトルの通りです。駅徒歩16分、毎日往復すると32分。32分のウォーキングです。

32分のウォーキングを毎日やろうと思うとなかなか辛いと思います。

ですが家と駅の往復のためなら、雨の日も風の日も毎日歩かざるを得ません。強制力すごい。

 

家賃安い

駅から遠いので安いです。

駅近よりかなり広めの物件を選ぶことができました。また、夫の持ち物の大型バイクを駐車場を有料で借りて置こうと思ってたのですが、交渉したら無料で置かせてもらうことにも成功しました。

駅から遠い物件は借りる側にとって今後ますます有利になるのではないか、と個人的には思っています。首都圏に限った話ですが、賃貸物件の成約数は減少しています(情報元は↓)。つまり、駅から遠い物件は契約者の確保に困っているはずです。

私が住んでいる賃貸も空室が出るとなかなか埋らず、礼金0で募集かけたりと苦戦中です。設備は良いのに。

ということで今現在、駅から遠い物件は家賃を下げるとか礼金を安くといった交渉がしやすい状態だと思います。

 

 

住宅街は周囲が静かで涼しい

駅前はゴミゴミしてますが、15分も離れれば自然と住宅街になります。当然、駅近より静かです。

意外だったのが住宅街って涼しいんですよね。マンションが密集していると室外機の排気熱がこもりますが、一軒家だらけだと熱量も比較的下がるので体感的に涼しく感じました。

 

 

デメリット

真夏の駅までの道のりが辛い

駅に着くまでに汗だっくだくになります。汗ふきシートや制汗剤は必須です。プラス、こんな感じのひんやりスプレーも併用して乗り切ってます。でも辛い。

ときわ商会 ひんやりシャツシャワー 500ml

ときわ商会 ひんやりシャツシャワー 500ml

 

ちなみに、冬は歩いてるうちに温かくなるので大丈夫です。最近は歩いているとコート脱ぎたくなるほど体がポカポカします。また、雨の日はレインブーツなので雨がしみるうっとうしさも感じず快適に過ごしてます。

 

 

タクシーと自転車駐輪場という出費

家賃安くおさえたのに、飲んで帰ってくるとやはり疲れてしまってタクシー乗ってしまいます。無駄な出費です。

また、時間ギリギリだったので自転車で駅まで行って駐輪場に停めて出かける→駐輪場代が数百円かかるということもあります。

 これを乗り越える強い意志が必要です。最近はタクシーは止められてませんが、自転車は止めました。

 

友達を呼べない

遠くて申し訳ないので呼べないです。鍋パーティーでもしたかったのですが、やはり遠さがネックで呼べなかったです。

逆に友達に絶対来て欲しくない人はメリットかもしれませんね。

 

 

はい、こんな感じです。

以前は駅徒歩7分の物件に住んでいたので駅から倍以上かかる場所に住むのは不安だったのですが、すぐに慣れました。人間意外と適応できるもんです。

遠くに住むのも悪くないなぁと思ってます。

【ネタバレあり感想】FF15クリアしたが不完全燃焼でした・・・

 

FF15クリアしましたのでネタバレしつつ感想書きます。

 

80時間と数分でクリア。サブクエストは7〜8割程度のコンプ率です。(孤峰の目覚めとコースタルマークタワー、チャプター15以降のサブクエ以外はクリア。)

 

感想を一言で述べると「オルティシエに行くまでは神ゲーでした」

そんなFF15について感想をつらつら書いていきます。

 

 

良かったところ

タイトルで不完全燃焼と書いてしまいましたが、良いところたくさんあります!

戦闘が楽しい

最初の印象は三国無双みたいな感じでした。

シフト移動に慣れてくると、シフトでの多様な動き方が癖になり、無双みたいという印象は薄れました。そして、縦横無尽に駆け巡る戦闘が楽しくなってきました。

また、プレイするうちに新しい武器や魔法が手に入り攻撃の仕方が増えて更に楽しくなりました。

とにかく戦闘はシフトと武器の切り替えが好みのシステムでした。

 

サブクエストが楽しい

人によってはお遣いゲーなんて言われそうですが、サブクエするうちにキャラと仲良くなっていく感じが好きでした。ダッカツーカーになったり、ディーノから徐々に信頼されたりと。

サブクエによって主人公パーティー以外のサブキャラにスポットライトが当たったのかなと思います。

 

目的地表示がありがたい

いわゆる会社員なので、仕事が忙しいとプレイ間隔が1週間空いてしまったりするんですよ。

今作では、受注したクエスト一覧と目的地をいつでも見ることができます。次どこ行けばいいんだっけ?わからないからネットで調べなきゃ、めんどくさい!ということが無くなったのでストレスがたまりませんでした。

過去にアークザラッド2をプレイした時、次の目的地を忘れてしまい進めるのを断念したことがありましたので非常に助かる機能でした。

 

スポンサーリンク

 

 

写真が楽しい

プロンプトが撮ってくれた写真を振り返るの好きでした。

こんな写真撮ったり、

コル将軍の横顔に時めいたり。

良い写真が撮れたときはテンション上がって楽しかったです。

 

釣りが楽しい

記事書きましたが、釣り楽しいです。FF8のカードゲーム並みにハマりました。

 

次は不満なところについて書きます。 

 

不満なところ

期待させといて回収されない伏線

チャプター3で帝国のボスっぽい人たちがノクトたちをどうするか話すムービーがありました。ここで新規登場する帝国側のボスキャラたちもいたのですが・・・その後全くストーリーに絡まない。

皇帝は気づけばシガイ化してたし、婚約者の兄という因縁あるそうなレイヴスも気づけばシガイ化していて殆ど絡むことなく死亡。

物語の主軸であるアーデンも描写不足で、ルシスを怨んでいる理由に納得感がない。

キャラは魅力的なのに掘り下げが足りないため、ん??と思うことが多々ありました

 

オルティシエからの憂鬱なストーリー

オルティシエまではこれから物語が盛り上がりそうな予感でワクワクしながら進めてました。

そして、オルティシエに着いてやっとルナフレーナに会えたー!と思ったら速攻で殺されてました。もう少しノクトたちと絡んで感情移入させてくださいよ。思わず死ぬの早っと口に出してました。

リヴァイアサン後、気付いたらイグニスが失明してるし、そしてパーティーが険悪になったところでグラディオがぶちギレ。

ノクトは婚約者失って悲しいのにグラディオのキレ方は理不尽じゃないですか!?タイタンの時のキレ方といい、こいつなんなの?という不快な気分になりました。

FF10のアーロンみたいに厳しさの中に愛がある感じじゃないんですよね、ただただ理不尽。

 

帝国侵入後のダルい戦闘

帝国に侵入するとしばらく剣が使えなくなります。

指輪使った魔法しか使えなくなる。戦闘が楽しいなと思ってたので楽しさが半減。そして、そんな状態でゾンビみたいに襲ってくる帝国兵。突然走って追いかけられたり、足掴まれたり、バイオハザードみたいなゲーム苦手なのでマジ勘弁して欲しかったです。

とにかく帝国侵入後のチャプター13は苦痛でした。

 

 総評

システム面、戦闘はよくできていて楽しいし、新しいFFを感じました。FF7もこのシステムでリメイクしてくれと思ったくらいです。そしてもちろんビジュアルも最高に良いゲームでした。あのビジュアルでシームレスに戦闘に入るのはすごいです、本当。

一方で、オルティシエ以降のストーリーが時間なくて継ぎ接ぎで作った感があり、ここが評価が分かれるところかなと思います。ストーリーが多少憂鬱でイグニス失明してもいいから、せめてもう少し敵味方含めてキャラの心情の掘り下げしてくれないかな。

 

今後DLCとして配信される追加エピソードや、スピンオフのKINGS GLAIVEを見たらストーリーの印象変わるのでしょうかね。いや、本編に入れてくれよ。ほんと。